スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    読書の秋なので本の話。

     2011-10-22
    最近電子書籍が結構普及しているそうですねー。
    今日のニュースで報道されていましたが、アメリカの高校ではすでに教科書を廃止して学生はパソコンを持って学校に通うようなところもあるそうです。
    便利にはなってきているのでしょうが、本好きにとっては複雑です。
    小学校のころから図書室の主と言われ続けたしまりすなので、図書室図書館本屋が町から姿を消すような事態など想像もつきません。
    今でも・・同人系のマンガ小説はPCで読んだりはしてますが、出来れば紙で読みたいと思っています・・。
    本というのは活字(マンガの場合はコマワリした絵や台詞)だけで出来ているものではなくて、表紙背表紙などの装丁や帯や手触りや厚みや重みまで含めて本だと思っています。
    エンデの「はてしない物語」の本は本自体が物語世界に入っていくきっかけになります。今時、布の装丁の本なんて・・あまり見ないですよね。
    はてしない物語はてしない物語
    (1982/06/07)
    ミヒャエル・エンデ

    商品詳細を見る

    あ!↑これは厚紙のカバーですー。

    そうそう最近大好きな藤木稟の「バチカン奇跡調査官シリーズ」の主人公のひとりロベルト神父が大の本好きでーかなり感情移入できる人物です。本業は古文書の解読などをしてるのですが、はっきり言って私から見ればただの古本オタク。好きなことを仕事にしている本当にうらやましい人ですー。
    バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)
    (2011/10/25)
    藤木 稟

    商品詳細を見る

    ・・え?!うそうそ!!新作出たの?!買う買う買う!!・・25日かよ・・まだじゃん・・。ちょ・・!吸血鬼がテーマなの?!いやーんうれしすぎるーー!号泣!!
    ・・ホラー文庫から出てますがホラーじゃありません。あくまでミステリーですから!

    カルトローレ (新潮文庫)カルトローレ (新潮文庫)
    (2010/12)
    長野 まゆみ

    商品詳細を見る

    ↑ところでこの本って以前紹介してましたっけ?(自分で書いたことくらい覚えてろよ・・)
    今年の夏の(「なつの」で変換すると「夏野」になってしまううちのPC)すごく体調も精神状態も最悪な時に読みましたが・・いやーもー良いです!心地よ過ぎな物語世界。私もここに住みたいわよ!ってあいかわらず頭悪い感想文ですみません。
    長野まゆみはデビュー当時から大好きな作家さんです。中身もですが装丁がいつもステキ。デビュー作の「少年アリス」好みすぎては衝撃でした。ハードカバーなのに表紙買いした思い出があります!
    少年アリス少年アリス
    (1989/01)
    長野 まゆみ

    商品詳細を見る


    だらだら長いフログですみません。
    本の話は止まりません。


    追記:そういえば「ヘタリア」だけはWebマンガしか読んでないわ・・。ごめん・・。
    タグ :
    コメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2011/10/22 23:02】 | # | [edit]
    こんにちは。
    「はてしない物語」は機会があったら是非また読んでくださいね!
    一応児童文学なので、普通の本よりは読みやすいですよ。
    【2011/10/23 13:46】 | しまりす #- | [edit]












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://simarisu40.blog64.fc2.com/tb.php/812-0bbf918e

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。